スピードラーニングを受講した結果を最終的にまとめた意見

MENU

スピードラーニング(16巻だけだけど)を受講した結果を最終的にまとめた意見

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あくまでも個人的な意見だということと、私は英語教育のプロではなく英語学習が趣味の一般人だと言うことをお断りした上で最終的な意見を述べさせていただきます。

 

 

スピードラーニングを学習した期間は、「約16ヶ月間」初級を16巻のみ(1ヶ月に1巻ペースを貫きました)

 

また、スピードラーニング受講期間中に、「聴くだけ」ではなく 、別の英語学習もいろいろこなしましたし、スピードラーニングも聞くだけでなく、自分で工夫しながら繰り返し聞いたり、書いて覚えたり、とにかくまじめに受講をしました。

 

私は数多くの英語教材を購入し実践しているのですが、スピードラーニングにはかなり昔から興味を持っていたので結構まじめに実践しました。

 

 

聴くだけでどこまで英語力が伸びるのか?に非常に興味がありましたし、初級をセットで購入してしまったので既に5万円以上使っていると言うプレッシャーも効いていましたが、何とかやり通す事が出来ました。

 

 

ただし、新しい巻の聴き始め2、3日は新鮮で楽しいので、ずっと聞いていられるのですが、その後は飽きてしまって非常につまらないので

 

 

一日にCDを1回分しか聞かない日もありましたし、全く聞かない日があったことも付け加えておきます。

 

 

感覚では16ヶ月中7割以上はスピードラーニングに時間をさいていたと思います。

 

※それ以外の英語学習もしちゃっています。(教材はスピードラーニングのみで検証)

 

 

そんな一般人の意見としてですが、スピードラーニングが特別な教材だとか画期的なメソッドの教材などとは思いません。

 

 

ごくごく普通の英語と日本語訳が録音されているCDです。

 

 

もちろんこれは購入者によって意見が分かれると思いますが、PRESIDENT Online が1,031人に調査した結果をみるとある程度の評価が分かります。

 

※参考:PRESIDENTOnline|1000人調査! 一番使える英語教材、裏切られた学習法【3】

 

 ⇒ http://president.jp/articles/-/8634

 

 

ただし、買わないほうがいいかと聞かれると難しいところで、ネガティブな口コミを書き込んでいる人のように本当に詐欺以外の何者でもないのであれば、「止めておきましょう」と断言できるのですが、「ネイティブの話す英文を聞く」という行為自体は、英語学習には必須行為なのでマイナスになるわけがなく、サポートもしっかりしていることを考えると購入後の安心感というものはあるかと思います。

 

内容的には、アメリカに住むことが前提の日常会話中心の英会話ですので私に取ってみればあまり実戦向きではなかったと言うこともあるのですが、、アメリカに住まなくても使えるであろうフレーズも多く収録されているのと、48巻すべて受講できたとすると会話の量(英語フレーズの量)は悪くありません。

 

かなりの語彙量です。

 

48巻全ての英会話の数がかなりの量になり全て自分のものにできるとすれば、「満足感が得られる人もいる」のではないでしょうか。

 

日本人の傾向として購入しただけで何もせずに満足してしまう人が多いと言うのもありますが、長い人生いつ英語の学習をしてもいいわけですから、購入した方はヤフオクなどで売ってしまわずに、そばに置いておくのもいいでしょう。

 

では、なにが問題なのかというと、一番の懸念材料は受講期間とコストパフォーマンス です。

 

CMで言っているように、「手軽に、ものすごく効果を得られる」のであれば、何十万円どころか、何百万円だしても惜しくないと思うのですが、会話のボリュームがあるとはいえ、「ネイティブの話す英語が収録されただけ」で、フルセット20万円オーバーなのは納得がいかない人が多いでしょう。

 

その会話の内容に対する「対価」だというのであれば、納得するしかないのですが、工夫してあるところと言えば「BGMが流れている」「英語のあとに日本語訳が流れる」ということぐらいです。

 

金額が大きくなってしまうのは、受講期間が4年間もあるからなのですが、フレーズ丸暗記はある程度の期間にとどめておき、別のレッスンも組み込んでくれたらまた違った印象を持ったかもしれませんが、どうしても「スピードラーニングはお金持ちの英語教材」と思ってしまいます。

 

英語だけのCDも付いていますし工夫次第で十分英語を学習する題材になることは間違いありませんが、お金もちでは無い、私個人の意見としては別にスピードラーニングである必要はなかったと考えています。

 

発音に関しては、スピードラーニングに収録されている英語の発音は「良い」とは言われていますがそれは私には分かりません。

 

国や地方によって発音がまちまちなことを考えると、発音に関しては、ネイティブが収録した音源であれば大きな問題は無いように思います。

 

 

聞くだけという受講方法に関して

 

それと、これはそこら中のサイトで突っ込みを入れられているので、ここでまだ触れるのも心苦しいのですが、スピードラーニングの「聴くだけ」ということに関して。

 

英語のリスニングに関しては、初心者は英語を聞くだけの手法では「相当厳しい」というのが私の個人的な意見です。

 

その理由は、英語が全然聞き取れない人が、いきなり英会話のCDを聞いても何も得るものがなく終わってしまう可能性が高いと思っているからです。

 

特にスピードラーニングのように、英語の後に日本語が流れるタイプの英語教材は、英語が聞き取れない人が聞いても「日本語だけしか」頭に入ってきません。

 

聞き取れない英語はなんとなく聞いただけで何も得るものはなく、日本語で会話のストーリーを覚えただけという人は少なくないはずです。

 

この手の英語教材を受講したことがある方でこの感覚に思い当たる節がある方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか!!

 

 

ただし、ある程度英語リスニングの基礎が出来ている人がスピードラーニングを受講した場合は結果は変わってくると思います。

 

あと、私の感覚では、話す速度がゆっくりすぎると感じました。

 

こんな速度で話してくれるネイティブがはたしているかどうかとお茶を濁しておきますが、リスニングに力を入れた教材と言うわりにはゆっくりかなあと言う印象をうけました。

 

スーパーエルマーやヒアリングマラソンと比べればよく分かると思います。。

 

では、仮に「英語を聞き取ることを棚上げして」スピードラーニングに出てくる「フレーズを全て覚える」ことをミッションとして考えてみましょう。

 

英語を聴くだけで暗唱出来るまでになるには、かなりの時間と集中力を要します。

 

見たり、書いたり、読んだりと、英語フレーズを覚えるための全ての神経を使って覚えなければ、時間がかかって当たり前です。

 

 

スピードラーニングの標準的な受講ペースだと思われる、「1巻/一ヶ月」のぺースで、毎日2時間聴いてもフレーズはなかなか頭には入りませんでした。

 

現役の中学生、高校生なら可能なのかも知れませんが、少なくとも30歳を超えた私は聴くだけでは、ほぼ100%無理でした

 

 

覚えようと意識しても耳で聴くだけではかなり難しいですよ。

 

 

まして、「聴き流す」なんてのは無駄な時間を費やしたとしか思えません。

 

これを、英文法も英単語の意味も、句動詞の意味も、イディオムの意味も、ニュアンスも何にも知らない人が、行おうとしたら、「かなりの覚悟」と「膨大な時間」が必要でしょう。

 

 

人間の記憶の仕組みから考えて、繰り返しは必須ですが、その繰り返しも、スピードラーニングを「ただ聴き流すだけ」で行ったと過程すると「いったい何回繰り返し聴けばいいんだ?」というぐらい時間がかかるはずです。

 

 

リスニングに関して

 

リスニング(聞き取る)に関しても、似たようなことがいえます。

 

英語のリスニングは、その英単語の発音、イントネーションは当たり前としても語彙を知っているとリスニングの補助になるので非常に有利です。

 

日本語にない音を含んだ英単語であればなおさらです。

 

 

例えば“ during ”と言う単語を知っている場合と知らない場合では、どちらがリスニングしやすいでしょうか?

 

答えは明確です。

 

 

例え日本語の意味を知らなかったとしても、“ during ”の存在を知っているということがリスニングの補助になるんです。

 

その音やリズム、イントネーション、意味を、英語が聞き取れないしかも英語リスニングの基礎もない人間が英会話の中から習得しようと言うのですから、これは時間がかかるでしょう。

 

スピードラーニングで英会話を覚えるのは無理だと否定しているのではありませんよ。

 

英語の基礎も出来ていない人が、日常英会話のCDを聞くだけでは膨大な時間がかかるだろうと言っているのです。

 

だからこそ、スピードラーニングは48巻もあるのかも知れませんが、とてもじゃありませんが、これでは「お手軽に英会話を」とはいきません。

 

さらに、もう1つスピードラーニング全巻のフレーズを覚えたとして、その中に私達が英語でコミュニケーションをとるための全ての英文が網羅されているのでしょうか?

 

全巻覚えればかなりの数のフレーズ覚えることにはなると思いますので、英語自体は結構上達すると予想できますが、それ以外のフレーズが出てきたときに「応用が利くのか?」というのが疑問ではあります。

 

これに関しては私は全期間受講したわけではないので、意見を述べる資格はありませんが、そういう事態を予測して、普段から応用の利くような受講の仕方をするとか、自分で考えながら自分なりに受講しないと出した金額に見合った恩恵は受けられないでしょう。

 

丸暗記もいいですが、パターン化するなどして効率よく覚えないと何千パターンも英語を暗記しなければなりません。

 

ですが、スピードラーニングを何も考えずに受講するのではなく、応用が利くように、いっしょに英文法を勉強するとか、収録されているフレーズを使って、自分の言いたいことが言えるように、英文を組み立てられるような工夫をしながらの学習だったら、他の教材を買い足す必要も無くなってくるかもしれません。

 

ちなみに、スピードラーニングを聞いてみて、収録されているフレーズがあなたにとって、「まさにコレを話したかった」という内容が多いのであれば、あなたにとってスピードラーニングは買いでしょう。

 

いずれにせよ「習うより慣れろ」という言葉があるとおり、全く何の変化も起こらないということもないのかもしれませんが、スピードラーニングで劇的な変化を体感するには、自分に合った工夫と、膨大な時間が必要だと思います。

 

その膨大な時間を短縮してくれるような教材でないのなら、それだけの金額を出す価値があるのかどうかというところです。

 

文法は必要です

 

語彙に関しては終わりが無いので、自分が使いたいフレーズを厳選してある程度覚えてしまうのがオススメですが、

 

その終わりの無い語彙をスピードラーニングで丸暗記せずに覚えたければ、英語の取り扱い説明書である「英文法」を少し勉強してみましょう。

 

子供よりも考えて理解することが得意な大人に与えられたアドバンテージをうまく使いこなすことも英語上達の1つのテクニックだと覚えておいてください。

 

私の経験からお伝えすると英文法は中学校のときよりも、大人になってからの方が理解しやすいです。

 

学生時代英文法アレルギーだった私でも、そんなにストレスなく覚えられています。

 

ためしに、本屋さんで英文法の参考書を手にとって立ち読みしてみてください。

 

学生時代よりも、大人になってからのほうが理解しやすいことを実感できると思います。

 

 

これは前述しました「大人に与えられたアドバンテージ」です。

 

 

実は、人間の記憶と言うものは、年齢を重ねるごとに脳で理解して覚えることが得意になっていきます。

 

その逆で子供のころは、「暗記」、「暗唱」、それから「反復」のような体で覚える記憶のほうが優れています 。

 

詳しいことは脳科学の本を読んでみていただきたいのですが、子供と大人では脳が得意とする記憶方法が違います。

 

 

赤ちゃんや子供が何も考えず物事をすぐに覚えられるのはこのためです。

 

大人になると頭が固くなって記憶力が悪くなるとか言いますが、脳科学的には得意な記憶の手段が変わってしまっただけだといわれています。

 

大人は、子供よりも、よーく考えたり、理由やストーリーを元に覚える方が得意なんです。

 

ですので、よく聞く「赤ちゃんが母国語を覚えるように英語を覚えれば・・・・」と言う理屈には無理があるわけですね。

 

私たちは既に赤ちゃんでも子供でも無いからです。

 

 

ですので、英語を聴くだけで英語ができるようになる人がいるとすれば、「なるべく低年齢の子供」ということになるでしょうね。

 

 

しかも、赤ちゃんも子供も、CDを聴くだけじゃないですからね。

 

見て、触って、口で感触を確かめて、臭いをかいで、お母さんとお父さんの会話を1日中聞いているということを忘れてはいけません。

 

 

大人には大人に合った学習方法を選びたいところなのですね。

 

 

ということで100点満点で点数をつけ無ければならないのですが、スピードラーニングは英文が収録されていて、テキストでその内容がわかると言う英語教材だと言うことを考えれば、まあ一般的と言うか特別素晴らしいとか、画期的な英語教材だとは言えないと思います。

 

 

スピードラーニングはストーリーリスニングがストロングポイントだと思うのですが、ストーリーになっているところも、他のこの手の英語教材と変わりません。
どこでも取り入れています。

 

何か英文を覚える、そのプロセスと言うか、覚え方に工夫が見られれば素晴らしいのですが、

 

 

よくも悪くもないと言う感じですが、これを教材に自分なりに工夫して英語のフレーズを覚えれば英語力は間違いなく上がるでしょう。

 

 

ただし、聴くことにスポットを当てている教材なのに、非常にゆっくりな英語音声と、日本語訳が流れてくるだけと言うのは英語リスニングと言う観点から考えると、あまり考えられていないように思います。

 

 

笠原式のように、日本語訳を英語の語順にするとか、いいか悪いか判断はつきませんがエブリデイイングリッシュのように読み上げる速度を機械的に上げるなど、リスニングも何か少し工夫が欲しかったですね。

 

48巻(1ヶ月1巻ペースでも4年)を真面目に受講できた方

 

ホントに尊敬します。

 

私もほぼ毎日聞いていましたが、これだけをやり続けるのは本当に大変でした。

 

16巻を1ヶ月ずつ16ヶ月で聴くと決めていたのですが、月末になると「今月はあと何日で終わりだ~っ」と毎日思っていたぐらいです。

 

 

一番近い感覚が筋トレです。

 

 

もう少し何か達成感みたいな感覚を得られると続くと思うのですが、英語教材にそれを求めるのは贅沢ですね。

 

私の感想はこれで以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

スピードラーニングの本音の口コミ
誰も話したがらないスピードラーニングの本音口コミをぶっちゃけたいと思います。
スピードラーニングの学習スタイル
スピードラーニングの学習スタイは?
多聴に対する賛否
多聴には賛否両論あるようですが・・・
大人は子供が母国語を覚えるようには覚えられない理由
大人は子供が母国語を覚えるようには覚えられない理由を考えて見たいと思います。
1日何時間聞けばどのぐらいで効果が出るのか?
スピードラーニングは1日何時間をどのぐらいの期間聞くことで効果が見込めると考えているのかを考えてみます。
私がスピードラーニングに対する疑問点
スピードラーニングに関する私からの疑問点をまとめてみました。
楽天での口コミは高評価が目立ちますが・・・
スピードラーニングの楽天での口コミは好評化が非常に目立つのですが、世間の感覚とはかけ離れていると感じたのでちょっと調べてみました。
アマゾンでの口コミ
スピードラーニングのアマゾンでの口コミ。
Yahoo知恵袋のスピードラーニングに対する怪しい口コミ
Yahoo知恵袋に書き込まれているスピードラーニングに対する怪しい口コミ。
良い口コミ
スピードラーニングの良い口コミ